保護犬たちのミュージカル 『ワンライフ』

脚本・作詞・作曲・演出 いわもとまーち

(約45分/小学校高学年~)

動物愛護センターに保護された4頭の犬達がそれぞれの境遇を語り、歌います。現在の日本の動物達の状況をわかりやすくお伝えします。

wanlife

飼い主の無知により、去勢不妊手術をしなかったために生まれ、愛護センターに持ち込まれたチビ。

名前もなく、ひたすら出産をさせられ続けていたブリーダー放棄犬のトイ・プードル。

虐待を受けたシェパードのハッピー。

震災後、福島で家族を待つ被災犬のクロ。

4頭がそれぞれの幸せを探します。

現実を嘆くのではなく、私たち一人ひとりが出来る一歩を考えます。

2012年に動物フェスティバル神奈川にて初演。2013年8月にマグカルフライデー参加作品として神奈川県立青少年センターで再演予定。劇場版(フルサイズ)のほかに、コンサート形式(短縮版)での公演も可能です。ミニコンサート、動物達とのふれあい、朗読、動物に関するレクチャー等との組み合わせも、ご相談に応じます。

  • 登場キャラクター: チビ、サチ、ハッピー、クロ
  • 俳優 4名、ピアニスト 1名、(パーカッション1名)、スタッフ 1~8名