桜小学校にてみゅーまるの「ぼくの声きこえる?」を上演しました!

2019年12/9、横須賀市動物愛護センターとNPO法人みゅーまるの“特別授業”で、横須賀市立桜小学校に、花岡久子、岡本和子、石川容子で伺いました♪

3時間目と4時間目の授業時間を頂いて、ミニコンサートと、動物愛護センター職員さんのお話(センター長の高義さん)、音楽劇「ぼくの声きこえる?」の三本立てに加えて、最後は質問コーナーになったり、感想のシェアタイムだったり、毎回担当の先生との相談になります。

今回は1~2年生、90名☆

とびっきり素直で、まっすぐなお子さんたちでした\(^o^)/
コンサートのオープニングから元気に歌ってくれたり、全員で踊ったり・・・

センター長・高義さんのお話も熱心に聴いてくれて、休み時間も質問責めです。

そして「ぼくの声~」ジョンの話も、お願いもしっかり聴いてくれました。

最後の質問コーナーでは、動物のことだけでなく、どうやったらピアノ上手になるか、歌やお芝居への質問もありました♪

そしてジョンのその後、殺処分についても質問があったので、低学年ですがきちんとお伝えしました。

事実を伝えつつ、ショックになりすぎないように、でもこれをなくすために、何が出来るか、どうすれ防げるのか、一緒にちゃんと考えてくれたように感じました。

今のセンターの状況、30頭猫さんたちが待っていること、1~2年生もしっかり理解してくれたようです。
冬休みに、ご家族とセンターに遊びに来てくれるお子さんがいたら嬉しいです。

授業終了後のお見送りには、ジョンを犬として見て、頭や首を撫でてくれるお子さんが今回はいっぱいでした(笑)


LINEで送る

URLをコピー!